小正月っていつ?小豆粥を食べる意味や小正月の飾り物とは

小正月に食べるといい食べ物

毎年1年の初めに盛大にお祝いされるイベントの1つとして有名なのが「正月」ですが、1月中にはほかにもさまざまな行事があるのです。一般的に正月とは1月1日から1月3日までの間の3日間を指しているのですが、日本では毎年1月15日を中心とする3日間を「小正月」と呼んでいます。

「小正月」とは、年末の準備から元旦、松の内と続く正月を結ぶ一連の行事のこと。現代ではあまり一般的な行事とされていないのですが、1月1日の正月を「大正月」、それに続く行事を「小正月」と呼ぶこともあるのです。

「小正月」と呼ばれていますが、正月よりも多くの行事を催し賑わっている地域が多いです。昔の日本では「月」を暦の基準と考えていて、1ヶ月は「満月から次の満月まで」とされていました。昔の人にとって満月はめでたいものの象徴であり、1年で初めての満月の日を「正月」と定めていたのです。これが「小正月」の起源です。

元日が正月として定着すると、小正月は豊作を占うほか、鬼追いをするなど、大正月とは異なる特殊な行事が催されるようになりました。また小正月は里帰りするお嫁さんがいるほか、大正月に忙しく働いた女性たちが一休みできるようになることから、「女正月」と呼ばれることもあります。

小正月っていつからいつまで?

小正月の一般的な日程は、1月15日もしくは1月14日から1月16日までの3日間。

小正月の行事は地域ごとに多種多様なものがあり、正月よりも豊富な種類の行事が催されています。典型的な行事としては、1月14日からは紅白の餅を小さく切って団子のように丸めて柳などの木に刺すほか、繭玉(まゆだま)を刺して「餅花(もちばな)」を作り飾る習慣があります。餅を桜の花と見立てて、豊作を祈る行事です。

また1月15日の朝には小豆粥を食べたり、正月飾りを焚いたりするなど、さまざまな独自の習慣が見られます。

どんど焼き、左義長(さぎちょう)などの行事も実施

小正月の行事の中では、「どんど焼き」や「左義長」と呼ばれる火祭りがよく知られています。寺社の境内や河原に前年のお札や門松、しめ縄などの正月飾りを集めて焼く儀式です。

どんど焼きなどの煙に元旦にお迎えした年神様が乗って天上に帰ると考えられ、炎は高く上がれば上がるほどご利益があると言われています。

地域ごとに具体的な行事内容が異なり、中には子供たちが作ったかまくらの中で過ごす行事や、鬼が家々を回る「なまはげ」や「なもみ」などと呼ばれる行事、豊作占いなどが行われる場合もあります。

「なまはげ」と言えば東北地方の大晦日の行事として有名ですが、昔は小正月の行事として正月の締めくくりを祝っていたようです。現在でもいくつかの地域では、年明けに「なまはげ」を催しています。

小正月に食べるといい食べ物

1月15日には、米と一緒に小豆を炊いた小豆粥を朝に食べる習慣が見られます。小豆はその赤い色が邪気を払ってくれると考えられ、古くから中国で魔除けの力があると信じられていました。そのため1月15日に食べる小豆粥は、無病息災と五穀豊穣を願うごちそうとされています。

小豆粥は十五日粥と呼ばれることもあり、昔からある風習のため新年の季語にもなっています。おかゆに茹でた小豆を入れて混ぜた後、塩で味付けしたら小豆粥が完成。鏡開きの餅をぜんざいに入れて食べる、という習慣もあります。鏡開きの餅を食べると、神様の力を分けていただくことに通じると考えられており、小豆粥と同様にその年の無病息災を願ってのごちそうです。

鏡餅など正月飾りを自宅で処分する方法

どんど焼きや左義長などの行事に参加して正月飾りを処分することが難しい場合は、自宅で処分することも可能です。ただし縁起物であるため、しっかりとお清めしてから燃えるゴミに出した方が気持ちがいいよね。

準備するもの
・白い包装紙や布
・お清め用の塩またはお酒

①白い包装紙や布を広げて、その上に処分したい正月飾りを置く。
②お清め用の塩またはお酒を正月飾りに右、中央、左側の順に振りかける。
③処分したい正月飾りを白い包装紙や布で包む。
④燃えるゴミの袋に入れて処分する。

正月飾りや鏡餅を処分する際には、「今年も無事にお正月を迎えることができました。ありがとうございます。」と唱えるほか、「祓いたまえ、清めたまえ」などと唱えるといいと言われています。