節分で何をする日なの?節分に食べるといい食べ物や意味について

2024年の節分は2月3日土曜日。節分は「鬼は外、福は内」でよく知られている、老若男女問わず参加できる年中行事ですよね。豆まきをしたりその年の恵方を向いて黙々と恵方巻きを食べたり、さまざまな風習が数多くあります。

節分ってどんな日?

節分は「1年間健康に過ごせるように」という願いを込め、「悪いもの」を追い出すための行事です。発祥国は中国で、平安時代頃に中国から日本に節分の元となる文化が伝わり、日本古来の考え方と合わさり今の節分文化へと発展しました。

昔の中国では、疫病をもたらす疫鬼を魔除けの力を持つ穀物で追い払う「追儺(ついな)」という行事が行われていたのです。鬼を祓う役人が盾と矛を持ち、日本に貴族たちと鬼を追い回すという文化が伝わり、節分に豆まきをするという行事になりました。

節分は毎年必ず「2月3日」に行われているわけではありません。2024年の節分は2月3日の土曜日ですが、来年2025年の節分は2月2日の日曜日となっています。
節分とは元々は、1年のうち4回訪れる立春・立夏・立秋・立冬の前日を指す言葉です。しかしいつからか、1年の始まりであり、大切にされていた「立春」の前日のみを「節分」と呼ぶようになったのです。

節分って何をするの?

節分の定番行事と言えば、「鬼は外、福は内」の掛け声で有名な豆まきでしょう。かつては病気や災害など悪いものは「鬼」の仕業だと考えられていたのです。豆には鬼を退治する効果があるとされ、節分に豆を投げて悪いものを追い出す風習が広まりました。

豆まきのやり方は地域や家庭ごとに異なります。基本的な豆まきのやり方を見て、ご家庭に合った方法で豆まきを行いましょう。

① 福豆を夜までに用意しておく
節分に使う炒った豆のことを福豆と呼び、夜までは枡や三方(さんぽう=神様にお供え物をするための器)に入れて準備しておきます。

②外に向かって豆をまく
夜になったら家の窓や扉を開け、「鬼は外」の掛け声とともに外に向かって福豆をまきます。

③家の中に「福は内」と豆をまく
次に家の窓や扉を閉めて、「福は内」と言いながら家の一番奥の部屋から玄関まで、順番に福豆をまきます。

上記の基本的な豆まきのやり方は、その通りに行うと掃除や準備が大変になってしまいますよね。小袋入りの豆を使用すると、掃除しやすくなります。

節分に食べるといい食べ物

節分の行事の1つとして、恵方巻きを食べる習慣もよく知られています。その年の恵方を向いて、喋ることなく黙々と恵方巻を食べることで願いが叶うと言われているのです。切らずに丸ごと食べるのは、幸福や商売繁盛を一気にいただくという理由があると言われています。七福神にあやかり、恵方巻には7種類の縁起がいい食材を巻いています。

地域によっては、いわしを飾ったり食べたりすることもあります。いわしを焼くと強い煙や匂いが出るのですが、これらが鬼を寄せ付けないと考えられているのです。また栄養価の高いいわしを食べることで、無病息災を願うという意味もありますよ。

また節分のことを「年取りの日」としている地域もあり、節分にひとつ年を取ると考えられることから、「年の数だけ豆を食べる」という風習が残っている場合もあります。節分の日に豆を自分の年齢の数だけ食べることで、体が丈夫になり病気になりにくくなると言われているのです。